無料ブログはココログ

地域のニュース

2012年10月24日 (水)

江藤浩之教授(京大iPS細胞研究所)の半生に学ぶ

36歳までグダグダだった江藤教授

先日、京大iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥教授が
ノーベル医学賞を受賞し、話題となりましたが、
その臨床応用研究部門で長野市出身の江藤浩之教授が
主任研究員として活躍していることは、
地元市民の間でもそれほど知られていないのではないかと思います。
そんな江藤さんにスポットを当てた貴重な記事が、
信濃毎日新聞2012年3月11日付の朝刊記事「始発駅 信州よ」。
長野高校時代から血小板研究で世界的成果をあげるに至るまでの
経緯がまとめれています。

そこから読み取れる江藤さんの性格。
「好きなことに夢中になり、嫌いなことはやらなかった」(幼少期)
→「手に職をつけられそうだからと漠然と理系を選択」(高校時代)
→「勉強に身が入らずに早稲田大学理工学部を中退して山梨医科大へ」
→「医者になったのは、年を取ってからも働き続けられるという程度の動機から」。
→そして、36歳にして、たまたま留学した米国で血小板研究にのめりこみ、
ようやくライフワークが確定したという(記事より要約)。

記事中にある江藤さんの研究上の名言や
後進へのアドバイスもまた示唆に富むものですが、
むしろ、興味をそそられるのは36歳までの彼の人生。
もともと優秀で好奇心に富んだ性格だったに違いない江藤さんですが、
にも関わらず、30代の半ばまで、
どうもこれといって仕事に情熱を傾けることができなかった様子。
そういう人はあらゆる組織にごまんといるでしょう。
むしろ、その「ごまんといる誰か」の可能性を社会が見出し、
活用していくために好適なエピソードです。
ある組織で嫌々と仕事をしている人物も、
別の場所ではとんでもない才能を開花させるかも知れません。

2010年5月12日 (水)

東京藝術大学を歩く(4)/LDH社長の石坂弘紀さん、ホリエモンと和解

 東京藝術大学を歩く

 先日、10年ぶりに藝大を訪ねました。これから入学を希望する人たちのために、少しご案内しましょう。

 
 総合工房棟

 総合工房棟は、東京藝大が誇る巨大施設。上のキャンパスの裏鬼門にそびえる現代建築です。図書館脇の庭から歩いてみましょう。

 Geidai_011

ちなみに、右に見えるのが大学美術館、奥が絵画棟です。

 Geidai_012

中庭を取り囲むように建っているのが総合工房棟です。A~C棟まである贅沢な施設です。正面がA棟、右がB棟となります。

 Geidai_013

A棟の下にはステージ的な空間があって、照明も完備。

 Geidai_015

階段をのぼってゆくと、ガレリア的な巨大空間が出現。

 Geidai_014

空中歩廊です。京都駅のスカイウォークを連想する人も多いと思います。施工した鴻池組さんによると「日本最大級となるアルミ合金構造体トップライト(大屋根)を設置し、B棟には、外部柱・梁をメインにRC造で補強する、ダブルスキン耐震補強を採用しています」という。ちなみに美術館も同社の施工。

 Geidai_016

三角形の謎の部屋は採光窓でしょうか。このように不規則にあらわれる小さな空間が面白い。

info02 ご当地ニュース

LDHの石坂弘紀社長、ホリエモンと和解する【3月23日】
LDH(旧ライブドア)社長
石坂弘紀さん(36)が、「旧経営陣および元会計監査人社員との和解に関するお知らせと題する3月23日付の文書で、旧経営陣との和解が成立、損害賠償請求が解決したことを関係者に報告した。なお、ホリエモンとは2009年12月に和解が成立している。旧経営陣6名の負担する損害賠償責任は総額7億6500万円。石坂氏は元経産省キャリアで、コロンビア大学ビジネススクール日本経済経営研究所客員教授、アリックス・パートナーズ・アジア・エルエルシーのバイスプレジデントを歴任。東大法学部卒。米国NY州弁護士。

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31