無料ブログはココログ

ブログ小説

2008年11月27日 (木)

企画小説のキャスト発表です☆

 企画小説、どうですか?

 オンライン小説のお友だちで企画小説を書くことになったってお話、前にもしました! みなさんは進んでますか? 私はこんなブログを書いてるせいでちっとも進みません。正直、そろそろプレッシャーが……。これから忙しい師走、何もかも自信がない……ハァ、疲れた。

 ンな私ですけど、ホラーを書くという抽選に当たったので、そゆことで☆ ただ、ネット小説業界では、ホラーってウケないんです、意外と……。昔は「女の子の好きなのは恋愛とホラー」って言ったじゃないですか? でも、ネット世代って少し違うのね……。さて、企画小説には私のお知り合いがたくさん登場します。ちょっと紹介しますね。

 CAST
 
今星さくら現代星桜さん)……中学二年の女の子。彼女の家には奇妙な決まりがあって……。それは、美人で頭のいい姉のこと。/北村 爽子さん)……さくらの同級生、親友。奇妙な都市伝説「クリヤマアイコ」に詳しくて……/和藤和藤渚さん)……さくらの通う塾の男性講師。/有坂 莉紗子有坂りさこ)……さくらの担任の数学教諭。性格が弱くて生徒の信頼がないのだけれど……。/DARKNESSさん)……謎のネットの住人。掲示板で「クリヤマアイコ」の秘密を伝えてくるのだけれど……?/その他……ごめん、まだ未定。トウマさんとオロチ丸さん……また今度ね。

 じゃ、そんな感じなので、よければ見守っていてくださいね。軽~く書いてみる予定なので、あんまり構えないように!! おしまい☆

 あ、言い忘れ

 「りさこの本棚」にX JAPANの『ART OF LIFE』のDVDが追加されました。ヤバイ、泣く……。テカ、後にHIDEshineをホログラムにして出演させた復活公演、死ぬほど泣く……。についてはまた今度。あの、本当は駄目なんですよ、ああいう商業主義的なお金の使い方って? だけど、駄目だ……泣いちゃう……。あと、ニコ動TOSHIYOSHIKIの高校時代のライブ音声がアップされてるのね……うp主、誰!?

2008年11月23日 (日)

モデルは女の子じゃなきゃ嫌!?

 「ココログ小説」からお見えの方へ

 こんにちは☆ 今日はいけないことに気づいてしまいました。実は私、ココログ小説に応募したのだけれど、審査に落ちたと思って、小説の載ってるページとかいじっちゃったんです。そしたら、今日、何気にココログ小説を覗いたら、最初のページにこのブログが総合4位とかって載ってて、ええーっ!? ってなっちゃったんですshock な、なんで!?

 でも、せっかく楽しみに来ていただいても、たぶん、小説を読めずに怒って帰っちゃった人、たくさんいたんだろうな……。なので、リンク先を追加しておきました。たぶん、行けると思います。最終的には『茨の薔薇の園を出て』(R-18/女性向け)に飛ぶようになってるんです。いろいろご迷惑かけちゃって、ごめんなさい<(_ _)>

 「小説家になろう」からお見えの方へ

Mai001_2  お待たせしちゃいました<(_ _)> 連載小説『あるピアノ少年の恋。』(R-15)の原作漫画からヒロイン・舞さんの画像が到着しました(……って、どこからだよannoy)☆ 今の連載箇所よりちょっと先のコマなのだけど、「ふーん、舞さんってこうなんだあ」的に見ていただければと思います☆ これからもちょくちょく載せますので、お楽しみにwink 今度、絵だけを一覧で見れるページ、作ろうと思っています。

  ↑ 舞さんの原作画像は上です 

 星桜さん、写真とれた?

 楽しい企画小説をもっと楽しめるようにと、私は考えてみました。そしたら、オンライン小説のお友だち作家の星桜さんが、小説の舞台や、その中にこっそり自分がまぎれこんだ写真を撮ってくれるかもって言ってくれました☆ 露出覚悟だなんて、すごい……。そしたら、みんなで星桜さんを探しましょうねheart02 他にあんなこと、こんなこと、企画のある人は教えてくださいね。企画専門のページも作ろうと思っています^^ 

  そんな過激な星桜さんの小説はこちら→ 『心の情景

 私、星桜さんの、好き☆ ちょっとエチなの読みたい方はまた別なの、あります……。それはまた今度<(_ _)>

2008年11月20日 (木)

ポール・ポッツに感動した私

 ポール・ポッツ、すばらしいです……

 今日はめずらしく感動体験をお話しますね゜゜(´□`。)°゜。

 基本的に、私って感動しない奴なんです(-_-;) 昔はけっこう感動したり、理想に燃えてたりしたのだけれども、そのへんの意味がよくわからなくなって……think 感動ってファッショな部分、あるから……。

 さて、普通、善いこととか素晴らしいことに人って感動すると思うのだけど、私ってわりと宗教的な人間なので「義人より悪人を」ってタイプなんです。幸せのハードルが低いので、それ以上に「もっともっと幸せに」という考え方についていけないのかも……。そんなことばかり書き綴ったのが私のR-18小説のほぼ全部……悲しい奴だな、私。でも、私はイエスの「貧しい人は幸いだ」「迫害される人は幸いだ」を信じてますshine 

 そんな私が理屈抜きに感動してしまった動画を、YouTube版とニコ動版(これがまた可笑しい……)でお届けしたいと思うんです。

 日本でもアンバボで放送されたから、読者の方もよくご存知だと思うのだけど、イギリスのオーディション番組でポールさんというアマチュアの方が逆境を乗り越えてオペラ歌手になるという感動のお話。「まるで映画のよう」ということで、本当に映画化されちゃうらしい。ニコ動にたまにウソつきのうさんくさい日本語スーパーがついていてまぎらわしいのだけど、ナレーターがモバイルフォン・セールスマンと言ってたから、携帯を売ってた人なのね。オーディションにくるまでいろいろな苦労があったのだけど、そこはWikiを見てください<(_ _)>

 私はポールさんの生い立ちとかあまり知らなかったのだけど、ニコ動を見てパソさんの前で大拍手してました! なんでだろう? 他人事なのに、どうしてか応援したくなってしまって。なにか純粋なものを感じてしまいました。もちろん、ここまで勝ち上がってくるような人には、多かれ少なかれ野心があると思うんです。だけど、アマチュアリズムってすばらしいと思うんです。プロだけが本物だって考え方はまちがっていると思うんです(それは私がデュシャン主義者だから? ここ、大事なとこ)。

 では、どうでもな私の解説はこれくらいにして、動画をどうぞshine

  ポール・ポッツのオーディション動画(ニコ動より)

  ポール・ポッツのオーディション決勝(ニコ動より)

  ポール・ポッツのYouTube動画まとめギターソロに酔いしれてより)

 私、むかしオーディションを勝ち抜く高校生バンドの漫画、描いたことあるんです。なんか、それとか思い出しちゃって。ちなみに、こないだ紹介した『あるピアノ少年の恋』は、ヴァーンフリート国際ピアノ・コンクレンツというコンクールが舞台なんです。今のところ、まだダメ男がミスコン女王の尻を追いかけてるだけの情けないお話なのだけど……crying よければ、どうぞ<(_ _)>

 ポールさんありがとう……

 そういえば、知り合いにポールってイギリス人、いました……

2008年11月19日 (水)

企画小説、書くことにしました☆

 みなさん、こんばんは<(_ _)>

 「公安」というキーワードでこのブログに来てしまった方、ごめんなさい<(_ _)> 私は公安関係者ではありませんので、狙わないで……( ; _ : )

 さて、私はネット小説というものを勉強しようと思い、大手の「小説家になろう」さんの便利な制作ページを使って、いろいろと実験的に小説をアップしているのですけど、ちょっとした企画の関係者になった関係で、知り合いのオンライン作家の方を登場させるホラー小説を書くことになっちゃいました☆

 で、私、都市伝説をモデルにすることにしたんです。みなさんは、どんな都市伝説を知ってますか? 「かしまさん」とか「赤い部屋」とか「猫の亡霊」(?)とか、兵隊さんがなんだとか……。まあ、いろいろあると思うのだけど、今回は一部地域で勝手に都市伝説化してる(?)例のクリヤマアイコにかすらせてみようと思うんです。

 さて、当時まだ女子中学生だった3人の少女と、1人の男子生徒の間でまことしやかに語られてたクリヤマアイコのお話ですけど、うち1人は「こんなのもってたら呪われる」と言って、クリヤマアイコのお話を印刷した紙を棄てちゃいました。その後、勝手に一人歩きしたクリヤマアイコ伝説は、かなり未知な話になって某都市伝説ブログにも登場、今日に至るというわけです。でも、もともとそんなに怖くないから大丈夫☆ でも、このお話には、いろんな秘密が隠されているんです。言葉の意味がわからないと謎は解けない……

 私、怖い話が大好きなんですけど、ホラー映画とか見ても、ぜんぜん怖くないんです。しいて面白かったのを挙げると、邦画では、栗山千明ちゃんの『死国』、それから無名の女優さんが貞子を熱演していた『リング』(三浦綺音のほうじゃなくてです。でも三浦さんのもよかった……)。貞子役の女優さんをバラエティで見た時はショックでした……。私の中の永遠のヒロインなのに(-_-;)。好奇心に負けて見てしまいました。そしたら普通の人でした……

 で、私が最近注目しているのが森脇英理子ちゃんです( ̄▽ ̄) 私が注目した人って、大ヒットするか、死ぬか、ノーベル賞とるか、犯罪で逮捕されるかのどれかなんですよね……。おかげで森脇さん、最近、テレビ露出が増えてますね☆ その前に注目していたのは真木よう子真木よう子はすごいですよ!? 『SP』で認知度があがりましたね☆ でも、『ベロニカはもう死ぬことにした』が大事だったと思う……。

 ほかに何か、質問とかありますか? なければまた明日<(_ _)>

 おやすみ☆

2008年10月28日 (火)

黄金連鎖~四福音書連続註解

 この頃の私のブーム

 私の中でこないだまでブームだったのは、無限次数のヒルベルト空間……(以下略)でしたけれど、今月は聖書を熟読しています☆彡

 聖書って推理小説やサスペンスみたいなんです。伏線がちゃんとあって……。実は、それが私の人生の伏線だったりして。えーっ、私って聖書で預言されるほどすごい奴だったの!? …なわけないですよね、フッ。でもなんですけど、私の春の新刊小説では、マルセル・デュシャンの難解な作品が聖書とどう結びついているかという謎とともにストーリーが進行するんです。ぜひ手にとっていただけると嬉しいですhappy02

 なお、最近は十二小預言書を読み返しています。先週はひたすら四福音書ばっか読んでましたけども……。でも私、聖トマス・アクィナスの「四福音書連続註解」(黄金連鎖)って、まだ読んだことないんです。読まなくっちゃ^^ なお、これは余計なことですけども、トマス福音書(グノーシス派の疑いが濃厚なナグ・ハマディ文書の一部)も読んじゃいました。異端ですね、私。

 神さまを見ちゃった人たち

 私、聖トマス・アクィナスって大好きなんです。その人生が大好き☆ 貴族の家に生まれ、大修道院の莫大な財産を相続することを期待されながら、それを無視して「乞食修道士」と呼ばれたドミニコの托鉢修道会に入った聖トマスなのだけど、家族は「うちの貴族の家名に泥を塗るのか」とか「家のためにモンテ・カシノの大修院長になれ」とか勝手ばっか言うんです。

 キレた聖トマスは「人の敵はその家族である」というイエスの言葉をもとに「修道会入りに反対する家族は敵だ!!」という論文を書くんです。生涯にわたって無欲で、大学者でありながら、おごることがなく、どこか常識がなくて憎めない聖トマスの生涯は、私の憧れでもあるんですlovely

 彼は、その完成を大いに期待されていた『神学大全』を執筆しながら、最晩年のある日、突如として法悦に入るんです。そしてさめざめと涙を流し、「私が見たものくらべれば、私の書いてきたものなど藁くずのようだ」と言って、突然に断筆してしまうんです。

 彼、人生の最後に何を見ちゃったのかしらthink それってミステリーなんです。ジャンヌ・ダルクもそうでしたよね。自分が見たものについて何も言わなかった……。

海外ドラマ「ジャンヌ・ダルク」(声・小川範子)みたいに……。ジャン・ピエール・コーション司教が、罪に苛まれるあわれな聖職者って感じで、何ともいい味を出してて……(それってミラ映画のほうでしたっけ?)。

 ジャンヌ、ミカエルのお告げについてウソついちゃうんですね。じゃないと司教さまが祟られちゃうから(?)。天使と約束したんです。「何があっても見たことは言っちゃいけない」って……。最後までジャンヌは見聞きしたことを秘密にして逝っちゃいました( ; _ : )

 聖トマス・アクィナスも何を見たのかよくわからないんです。でも、とつぜん「神学大全」の執筆をやめちゃうほどの何かを見て……。ついでに神さまの取り計らいで亡きお友だちの幽霊も見ちゃったらしい(-_-;)

 私はそれをもとに『ロッカセッカの白い薔薇』という罰当たりなフィクション小説(ファンタジーですね)を構想して、プロットだけ書いて中断しました。聖トマスと師アルベルトゥス・マグヌス、それにロジャー・ベーコンなんかが出てきて(ここまで読んで「錬金術の小説だな」とわかった人、それなりに学がある方ですね)……。錬金術でインコラプティブル(不朽の肉体)を造ろうとするファウストみたいな話の予定でした。実に薔薇十字的な……shine

 にしても、あのコーション司教、最高の役どころでした☆

2008年10月17日 (金)

携帯小説サイトさんのお話

新しくできた携帯小説のランキングサイト

Novel☆Freak」の管理人・エアロさんshineから誘われて、

エステルのおうち』『茨の薔薇の園を出て』の2作品を登録させていただきました☆

エアロさん、わざわざ読んでくだすって、感想メールまでいただいてしまって……。

ランキングサイトにたくさんの読者の方が集まるといいですね。

これまでにもあちこちに登録させていただいたおかげで、

かなりの数の読者の方に私のお話を読んでいただけました。

これからもよろしくお願いします<(_ _)>

2008年9月20日 (土)

ネット小説、はじめました!!

こんにちは(^v^)
ネット小説、はじめてみました☆ミ
おかげさまでずいぶんな数の読者の方に来ていただいて……<(_ _)>
こっちのブログは隠れ家的だから、あまり知られていないのだけど(-_-;)
最初に登録した『茨の薔薇の園を出て』は、
女性向けR-18小説として登録してあるのですけれど、本当は若い方にこそ、読んでいただきたい作品なんです。(でも、R-18)
じゃ、わかりやすい目次、紹介しますね ↓

りさこの18歳未満でもよめるお話の目次

りさこの18歳になってから読みなさいというお話の目次

これからは、小説ではお話できないことを、
このブログでお話しするようにしていきますね。
興味のある方は、いつでもいらしてくださいね<(_ _)>
コメント、メール、ご自由にお使いください☆彡

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31