無料ブログはココログ

« 東京藝術大学を歩く(1) | トップページ | 東京藝術大学を歩く(3) »

2010年5月10日 (月)

東京藝術大学を歩く(2)

 ロダン『青銅時代』

10年ぶりに東京藝大を訪ねてみました。前庭に立つのはロダンの『青銅時代』。

 Rodin_001

背景は正木記念館

 Rodin_002

あまりのリアルさに、制作当時は「人から型をとったのでは?」と疑惑の目を向けられていたという作品。別にそれならそれでよいのだが。

 Rodin_003

 Rodin_004

 Rodin_006

ちなみに画家の古沢岩美は、ロダン美術館の玄関にある大股開きのトルソに指を挿入して膣の感触を確かめたといいます。

« 東京藝術大学を歩く(1) | トップページ | 東京藝術大学を歩く(3) »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1099062/34616981

この記事へのトラックバック一覧です: 東京藝術大学を歩く(2):

« 東京藝術大学を歩く(1) | トップページ | 東京藝術大学を歩く(3) »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31