無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2012年9月 »

2010年5月

2010年5月12日 (水)

東京藝術大学を歩く(4)/LDH社長の石坂弘紀さん、ホリエモンと和解

 東京藝術大学を歩く

 先日、10年ぶりに藝大を訪ねました。これから入学を希望する人たちのために、少しご案内しましょう。

 
 総合工房棟

 総合工房棟は、東京藝大が誇る巨大施設。上のキャンパスの裏鬼門にそびえる現代建築です。図書館脇の庭から歩いてみましょう。

 Geidai_011

ちなみに、右に見えるのが大学美術館、奥が絵画棟です。

 Geidai_012

中庭を取り囲むように建っているのが総合工房棟です。A~C棟まである贅沢な施設です。正面がA棟、右がB棟となります。

 Geidai_013

A棟の下にはステージ的な空間があって、照明も完備。

 Geidai_015

階段をのぼってゆくと、ガレリア的な巨大空間が出現。

 Geidai_014

空中歩廊です。京都駅のスカイウォークを連想する人も多いと思います。施工した鴻池組さんによると「日本最大級となるアルミ合金構造体トップライト(大屋根)を設置し、B棟には、外部柱・梁をメインにRC造で補強する、ダブルスキン耐震補強を採用しています」という。ちなみに美術館も同社の施工。

 Geidai_016

三角形の謎の部屋は採光窓でしょうか。このように不規則にあらわれる小さな空間が面白い。

info02 ご当地ニュース

LDHの石坂弘紀社長、ホリエモンと和解する【3月23日】
LDH(旧ライブドア)社長
石坂弘紀さん(36)が、「旧経営陣および元会計監査人社員との和解に関するお知らせと題する3月23日付の文書で、旧経営陣との和解が成立、損害賠償請求が解決したことを関係者に報告した。なお、ホリエモンとは2009年12月に和解が成立している。旧経営陣6名の負担する損害賠償責任は総額7億6500万円。石坂氏は元経産省キャリアで、コロンビア大学ビジネススクール日本経済経営研究所客員教授、アリックス・パートナーズ・アジア・エルエルシーのバイスプレジデントを歴任。東大法学部卒。米国NY州弁護士。

2010年5月11日 (火)

東京藝術大学を歩く(3)

東京藝術大学・陳列館を歩く

10年ぶりの藝大訪問ということで、少し構内を散策してみました。ご参考までに。
下の写真は、銅像のある内庭を取り囲んでいる建物の一つ、陳列館です。本館と勘違いしている学外者も少なくないようです。

 Geidai_007

これが内庭から見た写真。四角い建物です。シンプルな箱的構造物です。

 Geidai_008

雰囲気のある小道。左が大学図書館、右が陳列館の壁。東京大学にも使われているスクラッチタイルの外壁。奥に見えるのが東京藝大美術館の本館です。

 Geidai_009

正面入口。3月22日、東京ではもう桜が咲き始めていました。

 Geidai_010

東京藝大美術館。美術学部の正門横から。

info02 ご当地ニュース

中川美紀さん、「良い会社とは」【9日・信濃毎日新聞】
9日付の信濃毎日新聞朝刊紙面にて、ビジネス・アナリストの中川美紀さんが「働く喜び 自分の尺度で良い会社を選ぼう」と題するコラムで「良い会社とは」について自説を語った。就職のことで困っている人は相談してみよう。

2010年5月10日 (月)

東京藝術大学を歩く(2)

 ロダン『青銅時代』

10年ぶりに東京藝大を訪ねてみました。前庭に立つのはロダンの『青銅時代』。

 Rodin_001

背景は正木記念館

 Rodin_002

あまりのリアルさに、制作当時は「人から型をとったのでは?」と疑惑の目を向けられていたという作品。別にそれならそれでよいのだが。

 Rodin_003

 Rodin_004

 Rodin_006

ちなみに画家の古沢岩美は、ロダン美術館の玄関にある大股開きのトルソに指を挿入して膣の感触を確かめたといいます。

2010年5月 8日 (土)

東京藝術大学を歩く(1)

 久しぶりの藝大です

10年ぶりに東京藝術大学を訪ねました。

 Geidai_001

正木記念館のほうからのぼってゆく図ですね。左が記念館。和風の門から藝大アートプラザ前の内庭に出られます。

 Geidai_002

木像も鎮座していて、寺院のようです。藝大の前身は、日本美術の復興を目指してつくられた東京美術学校ですから、ある意味、当然の帰結なのかも。日本画なるものは、村上隆にボロクソに批判されておりますが(笑)

 Geidai_003

門の奥は庭になっています。ここが藝大アートプラザの正面です。

 Geidai_005

テラスもあります。

 Geidai_004

ちょうど「鍛金展」の会期中。教官や学生の作品を展示即売しています。

 Geidai_006

内庭を見渡した様子。奥が正木記念館

« 2010年4月 | トップページ | 2012年9月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31