無料ブログはココログ

トップページ | 2010年3月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

戸隠地質化石博物館

 戸隠地質化石博物館

廃校を博物館に改装した戸隠地質化石博物館は、
東京大学総合研究博物館が参画した地域再生型博物館です。
旧・柵小学校を改装した館内を紹介しましょう。

1Fは主に旧小学校の思い出の場所です。
地域の人たちが集える場所にもなっています。
学校の記念品なども展示されています。

2Fは博物館の作業スペース。
化石のクリーニング室、地元の在来種の飼育室、収蔵室など。

今回、ご紹介するのは2Fのキュラトリアル・ワークルームです。

 Workroom_001

一見、ただの教室ですが、
地域再生型博物館という性格上、ほとんど改装されていないスペースもあります。

 Workroom_002

2Fの廊下にはヘッセの『少年の日の思い出』を連想させる蝶の標本。

 Workroom_003

打って変わって、3Fの展示スペースは圧巻です。
東大の松本文夫准教授のデザイン。
ぜひ一度、お訪ねください。

2009年12月29日 (火)

戸隠地質化石博物館と東大総合研究博物館

 戸隠の小学校跡が博物館に


12月20日、旧・戸隠村立柵小学校を訪ねました。

雪の406号線を鬼無里・白馬方面へ。

 R406_001

 R406_002

温泉「森林囃子」を右折して、戸隠の柵地区へと入ります。

 School_005

山の中に立派な小学校の建物があります。
現在は、東京大学総合研究博物館と提携して、
戸隠地質化石博物館となって再生しました。

 School_004

こちらが旧校舎。
自然豊かで静かな場所です。

トップページ | 2010年3月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31